コンタクト

メールアドレス:
アドレス(URL): http://www.socialdesigngroup.com/

自己紹介文

前野 義晴
Yoshiharu Maeno, Ph.D., Founder management consultant and scientist at Social Design Group

複雑な社会現象・物理現象を解き明かす科学者、そして、社会に役立てるコンサルタント

前野 義晴=マネジメント・コンサルタント、サイエンティスト、ソーシャル・デザイン・グループ代表。日本電気株式会社にて主任研究員。複雑性科学に立脚した社会システムのデザインや社会現象の分析・予測を通して、さまざまな社会の問題の解決を目指している。非平衡統計力学・非線形力学における非決定性に立脚し、確率過程と微分方程式をツールとして、社会ネットワークのような不均一構造における発見問題の解決や拡散現象の解明に取り組んでいる。グローバルな世界で顕著な感染症の拡がり、テロリストや犯罪者の組織に見られる特異な情報の流れの分析を通したリスクマネジメント、社会の中で無意識のうちにコミュニケーションと認知の連鎖が織りなす複雑性と多様性のデザインへの応用も手がけている。

1967年生
千葉県松戸市出身
東京都文京区在住
開成高校卒
東京大学にて学士、修士(理学、物理学専攻)
筑波大学にて博士(システムズ・マネジメント、企業科学専攻)

Institute of Electrical and Electronic Engineers 会員
International Network for Social Network Analysis 会員
American Physical Society 会員

経済産業大臣登録 中小企業診断士

子供は新しいことをたくさん、たくさん試しながら成長していく。やりたいことがたくさんあるし、すぐにやってみる。失敗もすれば、危ないこともする。知りたい、やりたい、行きたい・・・、パワーが溢れている。大人はこうはいかない。いつから、変わるのだろうか? 子供と一緒に世界を満喫したいと思う。科学する心、探求する心、冒険する心。子供だけでなく、親も成長していくのだ。

興味のあること

非平衡統計力学と非線形力学、確率過程と微分方程式、複雑ネットワークと社会ネットワーク、テクノロジとビジネス、芸術とデザイン